3連休の最終日です。
大分のkarapapaさんから誘われていた大分サイクルフェスタに行く予定でしたが、一緒に行く予定だった亀仙人さんが仕事で参加出来なくなり、そもそも今日東京へ移動しなきゃいけなかったので、残念ながら今回はパスしちゃいました。
と言うことで近所を走ることにしました。
最初は豊築丸にサワラを食べに行こうと思っていたのですが、スタンプカードを見たら月曜休みヤ〜ン
(実はさっき豊築丸のHP見たら今日は営業して休みは火曜日に振り替えるって書いて有る!ガーン)
英彦山の紅葉も気にはなっていたんですが、ウェザーニュースの紅葉情報見るとまだっぽいけど、少しくらいは見られるかななんて思い、行ってみることに!

久々のLOOK

今日は天気良いので、久々にLOOKくん登場!
紫川沿いをのんびりと進みます。昨日、一昨日と比べるとかなり気温が低いです。
ウィンドブレーカーは脱げません。
平尾台下の木下のセブンで休憩しコーヒータイムです。
日射しが強くなりポカポカしてきたし、これから登りなのでウィンドブレーカーを脱ぎました。
ここからの登りは寒くないようにちょっとだけ強度を上げて登ります。
丁度いい感じで登り切り、下りに備えてトンネル前でまたまたウィンドブレーカーを着込みます。
トンネル抜けて一気に下ります。
日陰は寒さを感じますが、陽向はポカポカで心地良いです。

金辺川沿い

いつもの金辺川沿いの脇道を走ります。
国道には出ずに山小屋発祥の地の所へ出て、R201を渡って香春の総合運動公園横を抜けて赤村へ!
赤村物産館でトイレ休憩です。
ここからはゆる〜い登り基調の道を油木ダムまでのんびりと走ります。
ダムの上を渡って湖の西側を走ります。こちらはほぼ車来ないので紅葉を眺めながらのんびり走るのに最適です。

油木ダム

ただ、紅葉はまだまだですね!
ダム湖の最上流まで来たら、戸立峠から来る道と合流して、英彦山TTのコースに出ます。
ここからしばらくは傾斜は高くなくのんびりさえ走ればポカポカ天気の中、気持ち良く走れますが、マドラーS木さんが桃を見せたとされるトイレが出てきたあたりから勾配が10%を超え始めます。

WC

そしてサイコンのGRADE欄に15%なんて数字が現れ始めます、
のんびり登れない〜ヒー
それでもゆっくりゆっくり登っていると景色はいいのよね〜

すすき

ちょうどススキがきれいでした。
さらに紅葉のトンネルも!

紅葉のトンネル

これはちょっとまだっぽいですが、来週あたりはきれいに色づいてるでしょうね〜
しかし、こんなところで良くTTなんてやるなぁ〜
登っても登ってもゴールがやってこないぞ...
そして去年応援してた見覚えがあるコーナーが見えて、もうちょいだと自分に言い聞かせて、やっとゴール!
超〜寒いのに汗だくです(笑);

へとへとでゴール

へとへとで登ってきました。
写真を撮っていたら、あっという間に汗かいてたので冷えてきます。

気温7.4℃

それもそのはず、気温が7.4℃しか有りません。
あわててウインドブレーカーを着込んで出発です。
最初は野峠から蛇淵、行橋方面へ下ろうと思ってましたが、お腹も空いたし冷え切ってしまったので駐車場前で食事しようと下りますが寒〜い...
毎年他より早く色が付く61カーブの所は見事に色づいていました。

紅葉

そしていつものやなぎや食堂でだんご汁を頂きます。

やなぎや食堂のだんご汁

たっぷりと一味とゆず胡椒を入れて頂くと身体の中からポカポカしてきました。
やっと落ち着きを取り戻します。

駐車場

外に出ると駐車場前は一部だけが紅葉してました。
それでも天気が良いので赤、黄、緑のコントラストが美しいですね〜
ちょっとだけですが堪能したらR500を下ります。
するとすぐに超〜寒い(笑);
スピード出せば出すほど寒い〜〜〜
そしてR500が小石原に別れるあたりまで下ると、陽向は暖かく感じられます。
しかし今度は向かい風〜
添田までのゆる〜い下り基調の道はいつも気持ち良く走れるんですが、今日は超強い向かい風で前に進まない...
それでもがまんして走ります。
桝田からは県道と平行に走る川向こうの道を走ります。車いないので快適です。(風はあるけどね...)

彦山川

景色はきれいなんです(笑);
休憩も兼ねて添田公園の紅葉も見に行ってみました。

添田公園

さすがにこちらは全然まだでした。
大任の道の駅はごった返していたのでパスして、香春からいつもの裏道を進みます。

金辺川沿い

金辺川沿いも稲刈りが終わってすっかり秋な感じです。
のんびりと金辺峠を越えてまたまた向かい風と格闘しながら小倉に帰り着きました。
3連休は自転車三昧で300km走れました(^o^)/
それにしても最終日の天気は最高だったなぁ〜


GARMIN connect



powered by