上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事ももう遥か昔の記事になってしまいましたが...
忘れないように書いておきます。

5/3ツールド国東に参加した翌日の5/4の夜から出かけました。
小倉で準備して、折尾のクロの家まで自分の車!
かみさんが忘れ物してあわてて行きましたが、到着してもクロに電話がつながらない???
あれっと思って自宅の電話を鳴らしてみると、おはようございます。今、起きましたって...
「ケインは?」の問いに「忘れてた~」って。
慌ててケインに電話すると「はい、コンビニで待ってます」との答え!
既に待ち合わせ時間を1時間ほど超えていました。ごめん>ケイン

ってな感じで、出発早々から前途多難でした。
でも、車に乗り込んで走り始めたらスムーズに行きます。
途中でヒロ、ユミの組と合流し、車2台で7名そろって九州自動車道を南下します。
途中のSAのコンビニに寄って各自補給食とかいいながら次々に買っていきます(これが後で大変なことに...)

朝方鹿児島の港に到着し、最後のコンビニで山に持って行く食料を買い込みます。
これでもかというほどの食料の山...(誰が食べる?って感じ)

フェリー乗り場に戻り、各自が購入した食料を持ち寄ると凄まじい量に!
とりあえずザックに詰め込むだけ詰め込む、さらに詰め込む!
どんだけ重いんだ(笑);
初心者ハイカー軍団は軽量化なんて関係無し!
ということで、なんとかすべての食料をザックに収めて出発です。
屋久島まではトッピィという高速船で2時間ほどで到着です。
鹿児島では曇りですが、屋久島は雨!
ジャンボタクシーに7名乗込んで、途中、紀元杉を眺めて、淀川(ヨドゴウ)登山口へ!
雨の中雨具を着て出発準備を行い、屋久島の自然を守るための募金500円/人を行ってから出発です。

登山開始

この日は淀川小屋(ヨドゴウゴヤ)までの1時間程度歩くのみです。

淀川小屋へ

小雨ですが、きれいな自然を眺めつつ足慣らしができました。
予定通り1時間程度で淀川小屋(ヨドゴウゴヤ)に到着です。
到着したら何はともあれビールで乾杯!

ビール!

できるだけ荷物を減らすために飲んだり食べたり...
1時間しか歩いてないのに...

夕食と翌日の朝ご飯、昼ご飯の準備に取りかかります。
リーダーのクロ指示に従い、山では、当日の夕食はどんなに時間をかけても重いものでもOK、でも翌朝と昼は準備無しで食べられるものというものでした。
ということで、初日の夕食は豚汁です。7人分とは思えない大量の豚汁に各自が買ってきたおつまみ類が次々に現れます。ここで消費しないと翌日また持って移動することになるため、食べます。食べます。食べます。
山小屋に現れたベテランの登山者から奇異な目で見られつつも気にすること無く準備を続けながら、食べます。食べます。食べます。
翌日分の準備が完了したら、豚汁食べながら、つまみをつまみながら飲みます。飲みます。飲みます。
飲んで食って、お腹いっぱいになったら、もうお休みです。
電気も無いので、暗くなったら睡眠の時間です。
20時前なのに周りが暗いと眠たくなります。自然ですね~
淀川小屋(ヨドゴウゴヤ)にはネズミが出て食料を取られると聞いていたので、ジップロックに入れてザックの中に保管します。
そして翌朝の起床を4時と、かすかに聞きながら就寝!!

翌朝、目覚ましも無いのに予定通り4時に起床し、出発準備に取りかかります。
十分睡眠を取ったので眠たくはありませんが、結構強く雨が降っているので憂鬱です。
しかも前日の雨で乾いていない雨具を再度着るのは抵抗ありますね~
5時には出発しますが、まだ暗いのでヘッドランプを点けて歩きます。
雨に振られて、暗くて景色も見えない中をひたすら歩きます。
う~ん、何かの修行か?とか思いながら歩きます(笑);

それでもしばらく歩くと白々と夜が明けてきます。明るくなるとちょっと気分も明るくなります。
でも、いっそう雨は強くなった気がします。
歩いていると森の中からがさごそと音がします。
よく見るとヤクシカのお出ましです。よく見るよと聞いていましたが、早速のご対面でした。

ヤクシカ

そしてしばらく歩くと高盤岳(こうばんだけ)展望台です。
自分が今回見たかったものの1つです。
別名トーフ岩と呼ばれる奇岩は一度は見てみたかったのですが、なにせ真っ白で何も見えない...
残念です。
本来はこんな風景です。

トーフ岩

更に歩くと湿地帯に出ます。
小花之江河(コハナノエゴウ)です。でもここでは休憩せずに更に10分程度進んで、花之江河(ハナノエゴウ)で休憩です。
ここも晴れていたらもっときれいなんだろうなぁと思わせるたたずまいでした。

ここからはひたすら宮之浦岳を目指します。
途中ロープ場や岩場を超えてひたすら上ります。
時速1キロ程度のスピードで上ります。
途中の岩屋で雨風をしのいで休憩し、各自持っている重そうな携帯食を口にします。
まだ持ってるのか?言われても次々に出して食べます。

黒味分れを過ぎて、投石平を過ぎて、だんだん標高が高くなってくると大きな岩がごろごろ転がっています。
ちょっと不思議な光景です。
中にはイースター島のモアイ像みたいな岩までありました。

モアイ像?

栗生岳まで来たら、最後の宮之浦岳へのアタックです。
この頃は横殴りの雨が降っていました。
とっとと、頂上目指して上ります。
山頂まで一気に上り、写真とったら、雨風強いので長居はせずに下ります。

宮之浦岳登頂!
山頂

しばらく下ったら、お腹がすいてきました。
でも雨は降ってます。雨風しのげそうなところはありません。でも風がなさそうなところが見つかり、ここで昼食です。
「えっ、雨の中でご飯?」って感じでしたが、雨の中でお弁当を広げて食べ始めると意外と楽しい!
早く食べないとお弁当箱に水がたまります(笑);
意外に何でも出来るな~って思いました。

昼食風景

後はひたすら下ります。
重たい荷物を持った下りは膝に来ます。
自分的には登りの方が楽でした。

既に雨によって靴はグチュグッチュ状態、途中ドロベチャの道をさけようとして木に捕まったつもりが、背中の荷物の重さを考えていなくて、背中からドロベチャの中にダイブ!
せっかく雨具で守られていたパンツまで濡らしてしまいました(>_<);
そうこうしながら、歩いていると今度はヤクサルに遭遇!
小猿でかわいかった!

新高塚小屋に4時前に到着です。
体中濡れた状態で小屋に到着したらどうしたら良いかわからない!
しかも前日と違い、結構小屋は満杯状態です。
早速寝る場所を確保するもシュラフも湿っぽい...
憂鬱だなぁと思いながらも乾いた服に着替えると気持ちは明るくなり、晩ご飯の準備に取りかかります。
二日目の晩ご飯はパスタです。
各自好きなソースを持ち寄って次々にゆでるパスタにソースをかけてみんなでまわして食べました。
うまい!このパスタは正解でした。3分でゆでられる麺に好きなソースをかけるだけなので超簡単です。
この日は19時には就寝でした(笑);

翌朝は5時に起床!(いったい何時間寝るんだ!)
朝起きると、快晴ではないが雨は降っていない。いい感じだ!
この日はひたすら下ります。
まずは縄文杉を目指します。下界から上ってくる集団が到着する前にたどり着きたいので、朝食を食べたら6時に出発します。

歩いているとだんだん大きな杉が目につくようになってきます。
旧高塚小屋を過ぎると10分足らずで縄文杉に到着です。

縄文杉

これまでも大きな杉は見てきましたが、やはり格が違うというか、別格でした。
何やら心が休まります。何やら神々しく感じます。
長居したいですが、先を急ぎます。

更にしばらく下っているとだんだん日帰り組の登山者(ハイカー)とすれ違うようになってきます。
そしてウイルソン株に到着する頃にはたくさんのハイカーと一緒になりました。
ウイルソン株では切り株の中に入って、ある一点から空を望むとなんとハートの形に見えます。
ケインとラブラブの写真を撮影することに成功!

ウイルソン株

さらに大株歩道と言われる木道を下ります。
そして下りきるとそこにはトロッコ線路がありました。
そして今度はこのトロッコ道を歩きます。

楠川分れまで歩いたら、河原に降りて休憩です。
沢屋のクロはちょっと浸けただけでもしびれるほど冷たい川を泳いでます。おかしいよ、このおっさん!

しばらく休んだ後、今回の縦走で最後の登りです。
辻峠まで50分と書いてあるところを、きっちり50分で上りました。
ここからは荷物を置いて10分程度上ると太鼓岩からのすばらしい景色が見られます。
ヒーヒー言いながら登ると、やっぱりそこは白い世界でした...
ここからのすばらしい景色を期待していたのに...

太鼓岩

辻峠まで戻り、荷物を背負って出発します。
先行して下っていると、トイレに行きたくなった...
この先には白谷小屋があるがその手前にもののけの森があります。

もののけの森

もののけのの森を瞬間だけ楽しんだら最高にスピードアップして下ります。更にスピードアップ!
半分走るようなスピードです。途中で森に入って用を足そうかと何度も思いましたが、ここは世界遺産!おしっこしちゃだめだよな~と思いながら下って白谷小屋に到着してトイレ直行でほっとしました。
かなり高速で降りてきたんでしょうね!かなり長い間みんなを待ちました。

ここから更に1時間ほど白谷雲水峡の登山口に到着しゴールです。

ゴール

みんなでハイタッチや握手して無事に走破できたことをお互いに祝福しました。
大学生以来の本格登山(縦走)でしたが、意外と歩けたことに満足です。

この企画は、ケインが偶然自宅近くでクロと出会い、飲みにいってその場でケインが屋久島に行って見たいと行ったのがきっかけです。
その企画をエリが実際に手配し、結果的に7名で行くことになりました。
自分は企画に乗っただけです。ありがとう。>皆さん

自分はこれまでに2度屋久島行きの企画に乗りましたが、台風と仕事で行けずじまいでした。
今回もG/Wに仙台の仕事が入りいったん断念しましたが、震災の影響で仕事が延期になり参加することが出来ました。
屋久島に初上陸、宮之浦岳に初登頂できて満足です。
ただ、雨で景色が楽しめなかった。
もう一度天気が良いときに行ってみたい。と思えるすばらしい屋久島でした。

そして、長文をここまで読んでいただいた方に感謝です。

【予告編】



【本編】



【garmin connect】



あ~、やっと書けた!!


関連記事

(^^)

まぁ~!
ホントにハートの形。
ケインさんといつまでもラブラブでねっ!
2011/05/20 21:34 |rie #-URL[ 編集 ]

rieさん、こんばんは!

すごいハートでしょ!
かなり低い位置から撮らないときれいなハートになりません。
カメラマン(クロ)はほぼ寝そべりながら撮ってくれました。

ケインとはこの写真の後から急に親密になりましたよ(笑);
2011/05/21 01:04 |ヒデ #u5fexr62URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。