上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日外観だけを紹介したライトのレビューを書きます。

外観は先日のブログをご覧ください。

まず明るさですが、非常に明るいです。
今回は通勤号に3つのライトを装着し、会社からの帰りに点灯してみたのですが、町中では他人の目を引きすぎます(笑);
比較したのは、以下の3台です。

1.CATEYE HL-EL520
  普段、通勤号で使用しているライトです。
  メーカーがうたっている明るさは1800カンデラです。

2.NITERIDER FLIGHT
  MTBで夜間走行を楽しもうなんて考えた時に買ってしまった
  ライトです。
  なんと車のヘッドライトに使用されているHIDシステムです。
  めちゃ明るいですが、外部バッテリーが必要で超が付く程
  高価でした(笑);
  メーカーがうたっている明るさは不明です。

3.NITERIDER MiNewt.600 Cordless
  今回購入したライトです。
  USB充電で名前の通りバッテリーは内蔵しています。
  メーカーがうたっている明るさは600ルーメンです。

  ちなみにライトを買うきっかけになった粉砕したライトも
  NITERIDER製のULTRA-FAZER-MAXでした。
  単3×2ですがCATEYE HL-EL520よりほんのちょっぴり
  明るい感じがしてました。
  
まずは、どのように比較したかですが、3つとも自転車に装着してみました。

ライト装着図1

右から、HL-EL520、FLIGHT、MiNewt.600です。

ライト装着図2

ライト装着図3

3枚目の写真でトップチューブに乗っかているのがFLIGHTの外部バッテリーです(笑);

そして会社からの帰りに比較してみました。
カメラで自動で撮影すると勝手に明るさを調整してしまいますので、今回は DMC-GF2にLUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6を装着し、ISO:800、焦点距離:14mm、絞り:f/3.5、露出補正:0ev、シャッター速度:1/13に固定して撮影を行いました。

1.CATEYE HL-EL520
HL-EL520

2.NITERIDER FLIGHT
FLIGHT

3.NITERIDER MiNewt.600 Cordless LOモード(275ルーメン)
MiNewt.600 LO

4.NITERIDER MiNewt.600 Cordless MIDモード(400ルーメン)
MiNewt.600 MID

5.NITERIDER MiNewt.600 Cordless HIGHモード(600ルーメン)
MiNewt.600 HIGH

さすがにHIDを使用したFLIGHTは明るいですが、HID特有の青白い光なのでコントラストが付きにくく、視認性はMiNewt.600 Cordlessの方が良いように感じました。
また、中心部の明るさはFLIGHTがダントツですが、若干散光しているせいか廻りの明るさはMiNewt.600 Cordlessの方が明るいです。
なお、見ての通りHL-EL520とは比較にならない明るさです。

真正面から撮影すると明るすぎて撮れませんでしたので、若干上から撮影してみました。

ライト前から


まとめ
今回購入したMiNewt.600 Cordlessは非常に明るいライトです。
275、400,600ルーメンが選べますが、見た感じは数値程の大きな差が感じられない為、LOモードで使用してみようかなぁと思いました。
価格もwiggleで\12,599で購入出来ました。ライトとしては高い方だと思います(FLIGHTは比較出来ない程高価です(笑);)が、この明るさを考慮するとコストパフォーマンスは高いと思います。

使用時間は、寒くて夜練には行かなかったので実際にこの気温で実測した訳では有りませんが、家に帰ってMIDモードで点灯しっぱなしにして30分毎に様子を見てみると、2時間までは確実に明るさを保っていて、2時間30分経過した時点で若干暗くなり始めて、3時間の時には消えていました。その後点灯させるとWalkモード(100ルーメン)で点灯します。さすがにこれは暗いですが、最悪でも真っ暗にならないというのはちょっと安心です。

他に気になるところとして、充電に5時間30分も掛かる事とワンタッチで外せるバーマウントがギザギザに引っ掛けるだけなのでちょっと不安を感じました。
また、wiggleから購入するとコンセント部分は使用出来ませんが、USBなので問題有りません。
私はGARMINの充電ケーブルを使用してます。

ブルベのように一晩中使用する事は出来ませんが、2時間以内の通勤や夜練では十分威力を発揮するライトだと思います。


関連記事

ライトレビュー参考になりました。写真で見てLOからHIまで違い判りにくいなぁ、写真じゃなぁ、と思いきや、実際あまり違いを感じないってことなんですね。
充電式って、通勤使用とかだと便利ですが、ブルベにはやっぱり合わないかな。600ルーメンってかなり魅力ではありますけどね。
にしてもライト3連、これはどう見てもブルベライダーですよ~^^
2011/11/25 00:50 |ひで #-URL編集 ]

丁寧で判りやすいレビューは、さすがヒデさん。
ありがとうございます!

Lo~Hiまで、中心部の明るさの範囲が変化する感じに見えます。
Loでも十分明るそうですね~。

いまKnog BOOMERという1Wライトを使ってますが、
公称50ルーメンだそうです。
Walkモードにすら敵わない~(笑)

取付ブラケットの件に触れられていましたが、
逆さに取り付ける場合には支障ありそうですか?

自分へのご褒美に、やっぱり欲しくなりました~。(笑)
2011/11/25 09:36 |リーフ #-URL[ 編集 ]

夜練はしませんが欲しくなりますね!!
写真で見てもCATEYEとは雲泥の差ですね^^
これは本体自体が発熱したりしますか?
しないなら懐中電灯代わりに使えば一石二鳥ですね♪
2011/11/25 10:28 |マツ☆ケン #mQop/nM.URL[ 編集 ]

ひでさん、こんにちは!

だから~、3灯にしたのはこのレビュー書く為で、普段の通勤は猫目だけなんですって!

ブルべには向かないですね(キッパリ)
だいたいバッテリーの持ちが3時間なので一晩なら3つ持って行けばなんとかなるかも(笑);
2011/11/25 11:17 |ヒデ #u5fexr62URL編集 ]

リーフさん、こんにちは!

リクエストされて、自転車グッズは久々のレビューでした(笑);
短時間使用目的ならオススメです。
まだ本格的に使ってませんが、LOでも使えるレベルだと思います。
はい、リーフさんの背中押しましたよ(笑);

取付ブラケットですが、取付方法がネジで締めたりしないので、チョット心配かな~って書きましたが、実際どうかはまだわかりません。
私もロードに付ける時は、78DURAなのでシフトワイヤーに干渉する為、ハンドルバーの下に取付けます。
明日は一日走る予定なので、どんな感じかもう一度書きますね。


2011/11/25 11:28 |ヒデ #u5fexr62URL編集 ]

マツ☆ケンさん、こんにちは!

CATEYEとは比べ物になりませんでした。
通勤にどちらを使うか悩みます。
チョット明る過ぎて、目立ち過ぎかなって(笑);
結構熱くなりますが、先端部が金属で波を打たせてあって、ヒートシンクの役割を果たしてます。
懐中電灯ですか?
小倉では使わないな~(笑);

明日は楽しく走りましょう(^-^)/
2011/11/25 11:35 |ヒデ #-URL編集 ]

詳細レビュー、お疲れ様でした。(^^)
私もジテツウにはEL520を愛用しています。
十分に明るいと思っていましたが他のと比べると全然なんですね~。(驚)
大変勉強になりました。
しかし、3つのライトを点けての街中ライドは目立ったことでしょうね~。(笑)
2011/11/26 17:22 |karapapa #wMC8pfmYURL[ 編集 ]

karapapaさん、こんばんは!

あまり暗いところを通らないMTBでのジテツーならEL520で十分だと思いますよ!
目を引く程明るい必要は有りませんので...
そして、決して町中では3つを点灯させてませんよ~
レビューは紫川の河原まで行っておこないました。そこまではEL520だけです(笑);

2011/11/26 22:37 |ヒデ #u5fexr62URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。