上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう、かなり定番になっている京都へ、かみさんと2人でまたまた行ってきました。
この時期は梅が美しくていいです。桜も見に行きたいんですけどね〜
いつものように無料航空券使って福岡から伊丹空港へ!
その後、リムジンバスで京都駅へ、その後はホテルの送迎バスで二条城前の全日空ホテルです。
荷物を預けたら、早速御所へウォーキングへ出かけます。

御所の紅梅

御所の白梅

京都御所の梅は満開でした〜
桃林も梅林の隣にありましたが、こちらはこれからですね〜
そして、お昼ご飯は御所の南側にある「はふう」というお肉専門店です。

お昼ご飯「はふう」

詳しくは、こちらをご覧ください。

お昼ご飯を食べたら、地下鉄で南下します。
伏見の城南宮というところです。しだれ梅と椿まつりというのをやってました。

椿

いわゆる、すごく椿らしい椿や、下の様な白地に赤い縦ラインが入っためずらしいのまでたくさん咲いてました。

椿

椿の林を過ぎるとその先には梅林が〜
すさまじい感じで梅が満開でした〜

城南宮の梅林

地面にも花びらが落ちて積雪しているようでした。

城南宮の白梅

城南宮のピンクの梅

こんな感じで、美しく咲いていました。

城南宮のお庭

更に、庭園もきれいに整備されていて美しかったです。
伏見と言うことで、酒どころです。
歩いていると、黄桜酒造さん

黄桜

更に奥に進むと、月桂冠さん

月桂冠

結果的にこんな事に...(笑);

利き酒

まぁ、酒どころですから!
一旦ホテルに戻ってチェックインして、今回のメインイベントのために東山へ出かけます。
去年の秋に嵐山の花灯路を見に行きました。そのときの様子はこちらをご覧ください。
今回は東山花灯路です。3/8〜3/17でやってます。
地下鉄の東山駅から歩き始めます。
知恩院という所では特別拝観料を支払うと今はやりのプロジェクションマッピングが楽しめます。
youtubeで見つけたので、お楽しみください。



しか〜し、すっげぇ並んでる...
とっととあきらめました。

花灯路

嵐山の時同様に道の両端をライトアップされてます。

ライトアップ!

ねねの道を通って、高台寺に足を伸ばしました。
来て良かった! 美しいです。

高台寺

池に映り込んで、鏡のようでした。

高台寺の竹林

竹林も美しいです。
この後、高台寺を後にして二年坂を登って、清水寺の方へは行かず八坂通りに進みます。
すると、目の前にライトアップされた八坂の塔がドーンと現れます。

八坂の塔

だいたいめぼしい箇所を見たら、夕食です。
今回は、祇園では無く木屋町の「とくを」という日本料理です。

とくを

祇園と違って、多少は敷居が低いのか入りやすいですね!
お料理の様子はこちらをご覧ください。

お腹がいっぱいになったので、ホテルまで歩いて帰ります。
酔った身体には、涼しい風が心地よいです。


2日目は、ホテルで朝食を頂いたら、アレグラ(花粉症の薬)を摂取して、恒例の北野天満宮へと向かいます。
とりあえず、澤屋で粟餅をゲットしてからお参りを済ませ、梅林へと向かいます。

北野天満宮の梅

北野天満宮の梅

北野天満宮の梅

見事に満開でした〜
香りが凄いです〜
広い梅林を歩き回って小腹を空かせたら、今宮神社へ!
ここでもそそくさとお参りを済ませて駐車場方面へ向かうと、左手に一和、右手にはかざりやという炙り餅屋が向かい合ってます。
前回一和さんで頂いたので、今回はかざりやさんへ!
串の先にちっちゃいもちを付けて炙り焼きにして、甘辛いたれを付けて頂きます。
鹿児島の両棒餅(じゃんぼもち)と同じようなもちです。美味しいです。
詳しくはこちらをご覧ください。

これからはお昼ご飯を食べに一旦三条まで戻ります。
今日のお昼ご飯は中華料理屋さん!
といっても上海出身の専門の点心師が作る小籠包系が美味しいらしい(笑);
バスで堀川三条まで戻って、三条商店街に入っていきます。

魏飯夷堂

ちょうど12時頃到着すると、既に3組ほど待ってます。
15分ほど待つと、カウンターが空いて座れました。
ここでは、小籠包、ポルチーニ茸が入った小籠包、焼き小籠包、牛肉麺を注文です。
ちょっと大きめの小籠包でしたが、どれもスープたぷたぷで美味しかった〜
詳しくはこちらをご覧ください。
お腹いっぱいになったら、またバスに乗って龍安寺へ向かいます。
ここへは、石庭を見て心休めて、これまでの喧騒を忘れて、週明けからの仕事がんばるぞ!
的な...

wikipediaより、
いわゆる「龍安寺の石庭」である。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭である。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭である。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものを作る。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。

龍安寺の石庭

俺にはようわからんというのが正直な感想(笑);
まぁ、いいんです。
心休めたら、お腹減ったのでおやつを求めて、またもやバスで河原町丸太町まで戻って、京都 ドーナツでググると出てくる「ひつじ」というドーナツやさんへ!
イートインコーナーがあるので、コーヒーとドーナツでおやつタイムです。

ひつじのドーナツ

詳しくはこちらをご覧ください。

この後はお土産買って、伊丹空港から飛行機で福岡へ帰ってきました。
やっぱり京都は何度行ってもいいですね!
人多くても、紅葉と桜の時期に挑戦してみようかな!



関連記事

昼に夜に京都いいですね~
敷居が低いといいながら、ちょっと私には敷居の高そうなお店が並んでますが・・・(^^;
知恩院でプロジェクションマッピングしてるんですね!知らなかった。

あれ?ちょっと足延ばして真夜中の平等院が抜けてる気がしますが・・・?(笑)
2013/03/20 04:24 |ひで #-URL編集 ]

ひでさん、こんにちは!

京都いいです〜
特に大人になってからの京都は最高です。
真夜中の平等院ですか???
何がある?
寝れないじゃないですか〜
2013/03/20 14:51 |ヒデ #u5fexr62URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。