ツッキィからライド依頼が来ていた日曜日はどこへ行こうかと考えていた土曜日に、西へ走ったら帰りに向かい風の刑を受けてしまいました(笑);
天気予報を見ると日曜日も風向きに変わりなし!
ということで、それなら行きに苦しんで帰りは追い風で帰ってこようと、下関方面をチョイス!
とっさにルート考えられずにいつもの東行庵〜瓦そばのルートにしました。

出発準備

準備して、8時に門司区某所に集合します。
ワッキィ登場!
ツッキィは...前日何かのアレルギーに反応したらしく顔を腫らしてます。
話を聞くと昨夜は結構酷かったらしいです。大事を取って本日はお留守番です。
そしてマイクが登場し、本日は3人で走ります。
予定通りR199を向かい風の中走ります。
まだ走り出したばかりなので向かい風でも心折れません(笑);
そして門司港に到着!

門司港

いつもの跳ね上げ橋の撮影スポットで写真を撮って先へ進みます。
門司港レトロを抜けてノーフォーク広場の脇を通って関門橋をくぐります。

関門橋

するとおでんがおいしい若松屋に到着し、その前が関門トンネル人道入口です。
エレベータで自転車ごと地下へ!!
人道は自転車に乗るとマイクで怒られますので、押して行かないといけません。
ちょうど真ん中あたりに来ると、県境です。

県境

写真だけ撮って下関側へ渡ります。
関門トンネルは人は無料ですが、押して渡らないとだめな自転車は20円です。
下関側に料金投入口があるので、20円を投入します。
そして長府方面に向かって走ります。
すると、長府あたりからなんだか調子いい!
どんどんスピードアップします。
R2をじゃんじゃん走って長府の先からR491に入っても好調さは続きます。
もう皆さんお気づきだと思いますが、いつの間にか追い風になってました。
超〜気持ちいい(笑);
小月の先の木屋川沿いを川上方面へ登ります。

天気いい〜

ツッキィが参加するライドはいつも天気に悩まされていますが、今日は不参加なので快晴です(笑);
追い風に乗って予定よりかなり早く到着しました。

東行庵に到着!

特に何も見ずに晋作餅へ

晋作餅

この前来たときにはヨモギもあったけど、今日は白い餅にシソを巻くか巻かないかの二者択一でした。
ワッキィも気に入ってくれたようで2個目を購入し、一口でぱくり!
しかし焼きたてだったようで、あまりの熱さにもんどり打ってました(笑);
餅屋さんのお姉さんの旦那さんも自転車に乗っているらしく、しばらくお話しさせて頂きました。
十分に休憩したら出発です。
菊川を抜けるまで追い風は続きました。
そして150mほどの峠を越えます。
マイクが元気です。

マイク

先行を許しましたが、途中で捕獲!
頂上までお話ししながらのんびり登ります。
峠を越えたらダウンヒルです。
強烈な横風を受け怖かった〜!!
予定よりかなり早い10:40に到着です。入口のリストに名前を書いて待ちます。
4組目でした!

たかせ

待っていると日曜日なので続々とお客さんがやってきます。
そして開店11時前に1組目の名前が呼ばれて入店が始まりました。
我々も待たされることなく名前を呼ばれて入店します。

瓦そば

今日も3人で4人前を注文して頂きました。
何故だか時々食べたくなりますね〜
美味しくお腹いっぱい頂いたらお客さんもたくさん並んでいるのでとっとと出発します。
ここからはTDしものせきのコースを逆行します。

TDしものせきコース

のんびり走るつもりが、なんと強〜い向かい風...
どうやら今日も帰りに向かい風らしいです...
それでも田舎道を走るのは気持ちいいですね〜
そして3人とも元気が余っているようなので、本州最西端の毘沙の鼻へ行ってみることにしました。
向かい始めたとたん激坂です

本州最西端へ

軽い体重のワッキィが先行します。
軽々と登っていきました。

マイク

今度は私とマイクがのんびりです(笑);

もうちょい!

最後に再び登ると到着です。

毘沙の鼻

展望台は天気が良いので気持ちいいです。

日本海

日本海に浮かぶ蓋井島、白島、藍島等がきれいに見えます。

帰り

十分に満喫したら帰ります。
一旦R191を走り安岡からTD下関のスタートゴールの下関球場横を走り長府の町中を抜けてR2を走ります。
ずーっと向かい風でしたがR2に出たとたん追い風〜
グンとスピードが上がりあっという間に関門橋です。

関門橋

帰りも人道を歩いて九州へ渡り帰ってきました。
今週も気持ちいい天気の中を土日で200㎞ほど走れて良かった(^o^)/

GARMIN connect





関連記事

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by