3日目のスタートです。
今日はトイレの話から(笑);

DSC_2923.jpg

見ての通りホテルのトイレはいたって普通です。
あれっ、シャワーヘッドみたいなのが???

そうです。
用が終わったら、*に向かってプシュ~です。
でもすっげぇ~強力!!
油断してると「うっ」ってなります。
でも馴れると、ウォシュレットよりもいいかも~

DSC_2925.jpg

ちなみに町中の公衆トイレはこんな感じ↓

Image-2.jpg

そして必ず横に水桶があって手桶で水を流します。

Image-1.jpg

トイレットペーパーはありません。
現地の方は水でお尻を洗って手を水で洗うそうです。
我々は日本から少なくなったトイレットペーパーの芯を外して持ち歩きました。

さあ、スッキリしたら朝食です。
ハムギー通り(Hàm Nghi St.)113番地のBang Cuon Nangという屋台へ!

DSC_2931.jpg

バインクオンという物を頂きに行きました。

DSC_2934.jpg

モッチモチのギュイ~ンと伸びる餅?見たいな物です。
軽~く食べた後にその脚でそのままCat Tuongにベトナム名物のフォーのお店です。中でもフォーガー(鶏肉入りフォー)が美味しいらしい。

DSC_2935.jpg

早速お店に入ってフォーガーと鶏肉ご飯を注文しました。
ここのフォーはちょっと変わっていて、一般的にはもやしと大量の香草(コリアンダー、バジル、ニラなど)が付いて来ますが、ここはありません。
少量のもやしとタマネギスライスがのってやってくるだけです。唐辛子とライムは大量に準備されてます。というか絶対に使い回し(笑):

DSC_2936.jpg

DSC_2938.jpg

やってきたフォーガーのスープを飲んだら、なんか懐かしい味!!
あっ、豚骨ラーメンの味がする~!! 大好きな味です。油篠があったのでそれもトッピングします。

DSC_2939.jpg

大量のライムを搾って、唐辛子は一欠片だけ放り込んで頂きました。
一番好きなフォーでした。

DSC_2941.jpg

鶏肉ご飯は餅米で作ったカオマンガイでほんのり鶏風味で美味しかった!
なかなかお奨めのお店です。
お腹がいっぱいになったらスケッチトラベルに旅行後半に行くツアーの予約をしに行きました。
その後はラッキープラザ内にあるタックススーパーでお土産物色!!

DSC_2942.jpg

海外のスーパーってなかなかおもしろいんですよね~
これも日本では見たこと無いファンタ!

DSC_2945.jpg

玉子もサイズいろいろでした(笑);
ウィンドウショッピングを楽しんだら、歩き回ってお腹も空いたのでお昼ご飯!
お昼はベトナム料理のバインセオを頂きに出掛けます。
行ったお店は、「Bánh Xèo Mười Xiềm」です。
バインセオ専門店です。
メニューを見るとすっげぇ~沢山のメニューが有る様ですが、良くわからん(笑);
ベーシックなモノを食べてみようと注文します。
更にバインコットというたこ焼きを半分にしたようなモノも頂きます。

DSC_2948.jpg

DSC_2958.jpg

DSC_2960.jpg

DSC_2951.jpg

これらも野菜で巻いて頂きます。
この野菜もサニーレタスっぽい葉っぱはいけますが、ドクダミっぽい葉っぱは匂いきつすぎて無理(笑);

お腹いっぱいになったら、ベンタイン市場を徘徊します。
ここのマーケットは市場で有り観光地。
Tシャツやコーヒーやドライフルーツなどのお土産ものやフルーツなどの生鮮食料品も販売されてます。
見て回るだけでも楽しいけど、客引き凄すぎ(笑);
おばちゃんから腕を引っ張られて「安いよ!」を連呼!
それども今日は見るだけと決めているので何を言われようが見るだけです。それにしてもめんどくさい...
歩き回って暑いので、冷たいモノを頂きに行きます。
「Lu'Creme」というお店です。
私は昨日気に入ったピーチティーを頂きます。

DSC_2966.jpg

嫁はたい焼き...

DSC_2969.jpg

時間掛かるなぁと思っていたら、その場でたい焼きを焼いて、その熱々のたい焼きの口の中にソフトクリーム!!
熱いと冷たいが入り交じってなかなか美味しかったです。
この後はカンボジアへ行くために空港へ向かいます。

IMG_0455 (1)

ベトナムのタンソンニャット空港からベトナム航空でカンボジアへ行くんですが、久しぶりにスターアライアンス以外の航空会社に乗るのでプレミアムな特権が使えずに超~待たされました。
普段、ホントにラクチンだなぁと思い知らされました。
一時間ほどでシェムリアップの空港に到着しました。

DSC_2978 (1)

空港には宿泊するホテルのドライバーが名前の札持って待っててくれました。
(ちなみにコレは嫁ですけどね(笑);)

シェムリアップのホテルは「Pavillon d Orient Boutique-Hotel」です。
嫁が選んだホテルで一泊 $85だそうです。
嫁が選んだ理由は、
・繁華街からちょっと離れているけれど、滞在中は専属のトゥクトゥクドライバーがついて朝 5:00~22:00まで乗り放題。(アンコールワット観光もこれ使って回っている人がいた)
・空港送迎タダ
・宿泊料金についている朝食は、レストランが開いてる時間帯ならいつでも食べていい。
 朝別の店で食べて、ランチに使ったり とかできちゃう。
・スパがついてて,マッサージは 一時間 $10 と宿泊客価格で安い!
・プールつき
・そして何より、スタッフの対応がすばらしい とのことだった。
だそうです。
結果、なかなか良かったです。

チェックインしたら早速、トゥクトゥクドライバーのコブラにお願いして夕食のお店の「THE TOUICHI RESTAURANT」へ!
このお店も嫁が選んでいたお店!
これからの3日間の予定を話しようとコブラも食事に誘います。

DSC_2983.jpg

何を飲むか聞くと、「ビール!」って...
あんたドライバーで俺たちをホテルまで送り届けなきゃいけないのに?
少ししか飲まないから大丈夫だと(笑);
日本じゃあり得ないけど、カンボジアはまだ普通なんだろうなと納得(笑);

DSC_2984.jpg

DSC_2986.jpg

何にしようかと悩んでいたらコブラがカンボジアに来たらコレを食え的に、チキンカレーとロクラックを勧めるのでそれに決定!
ロクラックは肉煮込みご飯とでも書けば良いのか、美味しかった。
というか、カンボジア料理はあまり期待していなかったが意外とどれも美味い!!
コブラがこの3日間は任せとけ的なことを言ってくるのでお任せすることにした。
そして翌日の時間を決めてお開きです。






2日目のスタートはゆっくりです。
まずはドンが無いので両替です。普通は空港に到着してすぐに両替するのが通常ですが、なにやら町中の両替屋さんの方が料率が良いらしいし、一度にたくさん替えてもどれだけ必要なのかまだ分からないのでちょっとずつ替えたい!
なのでベンターン市場横の『MAI VAN』で両替です。

DSC_2797.jpg

DSC_2798.jpg

そして早速朝食を頂きに行きます。
この日の朝食はバインミーです。でも行きたいお店は夕方にしか開きません。
ということで、今朝は『Như Lan』のバインミーにすることにしました。
お店に到着!

DSC_2800.jpg

でも、バインミーが見当たらない...
もしかしてコレがメニューなのか???

DSC_2801.jpg

なんとかバインミーと叫んで手に入れました(笑);

DSC_2808.jpg

向かいのおしゃれなお店でピーチティとカフェラテを手に入れて河口の公園で朝食です。

DSC_2806.jpg

のんびりと朝食を摂っていたら、現地のおいちゃん登場して何か言ってきますが???です。

DSC_2810.jpg

すると、俺の靴を指さして手に持っているブラシを左右に動かします。
どうやら汚れているから磨かせろと言ってるみたい!
おいおい、スニーカーだよ!
そんな必要無いと引き取って貰いました。
しかし、今回の旅行中に3度も窟磨かせろと靴磨きのおっさんが寄ってきました(笑);
何なんだよ!!(笑);

朝食を摂ったらちょっとだけ観光(^o^)/
ドンコイ通りサイゴン大聖堂、サイゴン郵便局をみました。

DSC_2823.jpg

DSC_2825.jpg

DSC_2830.jpg

郵便局は実際に使われている郵便局らしいですが、観光客でいっぱいでした。
真っ正面にはホーチミンさんの大きな肖像画が掛かっていました。
しかし、日中は暑いです。特に直射日光は危険なほど暑い...
そんな中、多くは無いけど自転車に乗っている人もいましたよ~

DSC_2834.jpg

DSC_2836.jpg

そろそろお昼ご飯を食べようと移動開始!
すると椰子の実売りが現れます。
要らないよ~と言っても寄ってきます。
重いからこれ担いでみて~と言ってきます。
まあ、1個買うつもりでしょわせて貰いました。

DSC_2838.jpg

そして案の定飲めと無理矢理渡されます。
いいよと貰うと2個目も...
もう要らないと言っても後の祭りでした。
1個350円の高~いココナッツジュースを飲まされました(笑);

気を取り直してお昼ご飯!
今回は『Quán Xôi Gà Number One』(ソイガーナンバーワン)と言うお店です。

DSC_2852.jpg

まずは、333でカンパイ!

DSC_2848.jpg

Xôi=おこわ、Gà=鶏という意味です。そう、鶏おこわです。
これが一番のお勧め品です。

DSC_2845.jpg

ただ、これだけだと寂しすぎるので麺類も追加!

DSC_2849.jpg

DSC_2850.jpg

お腹いっぱいになりました。

しかし暑い!!!
ほんの少しと思って歩くと汗が吹き出ます。
そんな中歩き廻って美味しそうなお店を探しました。
汗をかいたところで、『milkbar』というお店に引き込まれる様に入店(笑);

DSC_2871.jpg

嫁はプリン、私はマンゴーとパッションフルーツのシェイクを(^o^)/

DSC_2864.jpg

DSC_2867.jpg

涼んだら観光!!
戦争証跡博物館に言ってきました。
内容はつまんないので割愛(笑);

DSC_2872.jpg

DSC_2875.jpg

それでも自分としてはめずらしく1時間以上見学するという、意外に楽しめました。

陽が傾いて多少なりとも暑さが和らいだらホーチミンシティの街をぶらぶらとします。
それにしてもこの街の交通は凄い(笑);

DSC_3721.jpg

まず、この街で一番強いのはバス、トラックの大型車両です。これらが通るとなると皆が避けます。次が車、その次がバイク、そして自転車、一番弱いのが人です(笑);
とにかく信号が有る交差点で、青で渡っても右左折の車両はどんどん突っ込んで来るので用心しないといけません。更に赤でも常時右折可なので赤信号側からも次々に突っ込んで来ます。
しかし歩く方も慌ててはいけません。じわ~っと歩くとみんながうまいこと避けてすり抜けてくれます。慣れるのに時間かかりました(笑);
最初は渡り始められずにいましたが、「渡らないと渡れない」という格言に後押しされて渡れる様になりました(^o^)/
そしてバイクは一人乗り、二人乗り、三人乗りは普通です。四人乗りもそこそこいます。更に五人乗りもこの滞在中に何度も見かけました。

DSC_2894.jpg

荷物もなんでもバイクに積んで運びます。
60インチ程の液晶テレビを運んでいる人も見かけました!
そして信号の無い交差点はマーチングを見ているかの様に縦横無尽に走ってます。


と、ひとしきりホーチミンシティの交通を堪能したら、おやつの時間です(笑);

ベトナムは昔フランスに統治されていたのでフランス文化が至る所に根付いてます。その一つが今朝も頂いたバインミーという食べ物です。
パン屋、屋台、専門店など、町中ですぐに手に入れる事が出来、価格も日本円で100円程度なので現地でも人気のグルメです。
簡単に言うとフランスパンに野菜やハムなどを挟んだフランスパンのサンドイッチです。
お店によってパンの種類や具材が違ってます。
今日はホーチミンでも一番人気の『Bánh Mì Huỳnh Hoa』で購入です。

DSC_2882.jpg

夕方にならないとオープンしない屋台タイプのお店ですが次々にお客さんがやって来ます。パンをリベイクして、リクエストに答えて具材を挟んでいる様ですが、喋れない我々は1つ下さいが精一杯(笑);

DSC_2887.jpg

DSC_2881.jpg

途中のコーヒーショップでベトナムコーヒー買ってホテルの部屋で頂きました。

DSC_2887.jpg

いやいや、人気のバインミーだけあって美味しい(^o^)/
ただ激辛の唐辛子が入っているので注意が必要です。自分も辛いのは苦手じゃない方ですが、こっちのトウガラシは半端なく辛い~
甘~いベトナムコーヒーで事無きを得ました(笑);

さて、この後は夕ご飯(笑);
海鮮系ベトナム料理の『Song Ngư』へ(^o^)/

DSC_2896.jpg

日本ではまず食べられない大きなシャコとちょっと小さめのハマグリ、海老を頂きました!

DSC_2898.jpg

DSC_2899.jpg

DSC_2900.jpg

DSC_2905.jpg

DSC_2906.jpg

しかしシャコは美味しかったけと、桁違いに高い(笑);
ここでデザートは食べずに、ベトナムの代表的なスイーツのチェーを求めて『Chè Mỹ 2』というお店へ!

DSC_2917.jpg

何やらいっぱい種類が有りますが、何が何やら、そしてどうやって注文したらいいのかさっぱり検討も付かずに、指差してコレ...

DSC_2918.jpg

DSC_2919.jpg


やって来ました豆類がたくさん入ったチェーでした。

DSC_2922.jpg

自分は豆大好きなのでやった~って感じですが、豆類いまいちな嫁は...な感じでした(笑);
と、2日目も食べまくりの一日でした~
福岡から成田バウンズでホーチミンシティーへ!
成田空港ではいろんな事が!

成田空港

まずはグローバルWiFiでレンタルを予約していたWiFiルーターですが、オーバーブッキングで借りられず、費用は後ほど精算するので海外パケットし放題を使ってくれとなりました。全てのスマホ分出すと言っているのでOKしました。
まぁ、モバイルルーターを使わなくて良いのはちょっとラッキー! とこの時点では思ってました。
次に成田のラウンジで軽く食事していると、今度はエコノミークラスのオーバーブッキングらしく、申し訳ありませんが席を替わってくれとのことだったので、しょうが無くビジネスクラスに変更(笑);

アップグレード

6時間のフライトなので超〜ラッキー!
機内食も充実していて、残さずにお腹いっぱいです。

機内食

機内食

機内食

機内食

タンソンニャット空港に到着したら、入国もすんなりと何事も無く済ませて、荷物をピックアップして、タクシーを探します。
ホーチミンのタクシーはビナサンとマイリン以外はぼられるので乗るなっていろんなブログや旅行誌に書いてあったのでそのタクシーを探します。
すると嫁が『あれ、このRIMOWAは私のじゃ無い!』
???どうやら他人のRIMOWAを持って出ちゃったみたいです(>o<)
慌てて空港内に戻り、係員に『mistake baggage!』と小声でささやきながら回転台まで戻って、何食わぬ顔して荷物を戻して、自分の荷物をピックアップして戻ってきました。
自分たち同様にFIRST CLASSのタグが付いていたRIMOWAの持ち主さん、本当にごめんなさいm(_ _)m
さてもう一度ビナサンタクシー探しに戻ります。
すると偶然ビササンが!!
慌てて捕まえてホテルへ向かって貰いました。
さすがビナサン!ぼられること無くホテル到着(笑);
既に0時過ぎでした。
しかしここで終わりません。
早速夜の町へGO!
『Phở Quỳnh』にフォーを頂きに行きました。

DSC_2781.jpg

チキンのフォーとビーフシチューのフォーを頂きました。
まずはベトナムビールの333(バーバーバー)で無事に到着したことにカンパイ!

DSC_2784.jpg

そして、フォーにつきものの香草、もやし、唐辛子&ライムが運ばれてきます。

DSC_2783.jpg

DSC_2787.jpg

DSC_2788.jpg

ビーフシチューのフォーはまさに台湾のトマト牛肉麺です。自分が大好きな味でした。

DSC_2785.jpg

また、チキンのフォーは全く異なりあっさりスープのいわゆるオーソドックスな優しい味のフォーでこれまた美味しかったです。

DSC_2786.jpg

お腹もいっぱいになりやっと1日目の完了です。

もうかなり前になりますが、11/29,30で恒例の京都旅行へ行ってきました。

金曜日に仕事を終えたら東京駅から新幹線で京都へ向かいます。

米沢牛弁当

ビールを片手に米沢牛のお弁当です(^o^)/
iPadで佐々木蔵之介主演の超高速参勤交代を見ているとあっという間に京都に到着!
この映画おもしろかったです。
そして今日の泊まりは寝るだけなのでFIRST CABINというカプセルホテルです。
チェックインを済ませたら近くに寝酒を一杯頂きに行きました、

万願寺唐辛子

万願寺唐辛子と芋ロック!
しかしこの万願寺唐辛子の一本が強烈に辛かった...
店の親父にそのことを話すると、50~100本に1本程度のいわゆるあたりがあるそうで、「おめでとう!」って言われました(笑);
お陰様で芋ロックが進みいい感じに酔うことが出来ました。

翌朝、小倉からやってきたかみさんと合流して本日の宿であるANAクラウンプラザホテル京都に荷物を預けたら、近くの紅葉を見物します。
そしてお昼前になったら、本日のお昼ご飯の蕎麦を食べに行きます。

かね井

かね井というおそば屋さんです。
11時半頃開店らしいが、かなり混むとのことなので10:50に到着!
まだ誰も並んでいなかったので、周りをちょっとだけ散策して戻って11;00から並びました。
すると来るは来るは...
あっという間に長蛇の列が出来上がりました。
様子はこの方のブログを!

かもせいろ

私は鴨せいろを頂きました。
蕎麦は細麺で腰が強くみずみずしいです。もうちょいボリューム有っても良くねぇ~なんて思いながら完食!
本来は雰囲気を楽しむお店なんだろうけど、こう満席だとね~
ミシュランが星を付けてからこんなに混みようになったらしい...
まぁ、私もその中の一人...
ここから近くの大覚寺~今宮神社あたりを散策することにしました。

P1030414_20141215002314617.jpg

やはりちょっと遅かったので紅葉は散った絨毯が美しかった!
大覚寺あたりの紅葉の絨毯です。

P1030416_20141215002316574.jpg

今宮神社まで歩いてくると香ばしいいい香りがしてくる。
と言うことでやっぱり頂きました。炙り餅(笑);

P1030418_20141215002317820.jpg

バス停に向かう道中にはいちょう並木が太陽光をさんさんと受けて黄色に光ってました。

P1030423.jpg

今度はかみさん御用達の辻和金物
友人の新築祝いのプレゼントを探しに来たそうです。
買い物を終えたら、本格的に紅葉見物へ出掛けます。
今日のルートは南禅寺~水路閣~永観堂~哲学の道~銀閣寺です。

P1030438_201412150023204bf.jpg

南禅寺の大門前ももみじの落ち葉で埋め尽くされていました。
そして水路閣!

P1030442_2014121500234122e.jpg

永観堂と美しい景色に癒やされました~

P1030472.jpg

P1030478_20141215002343d39.jpg

のんびりと哲学の道を歩きます。
多くの方が我々とは逆向きに歩かれているので、ちょっと歩きにくかったです。

IMG_9068_201412150023466ed.jpg

のんびり歩きすぎて、銀閣寺の閉門時間に間に合わずに銀閣寺は見れませんでした。
まぁ、去年見てるからいいか(笑);
一旦ホテルに戻り、夕食までの時間をのんびりと鴨川沿いを散歩しました。
そしていよいよ夕食です。
本日の夕食は『天ぷら割烹 なかじん』です。
お店に入って大将が挨拶にやってきて、「うちは天ぷら割烹って言ってるけどほとんど天ぷらは出ません」って(笑);
確かにいわゆる天ぷらは「たち(鱈の白子)」だけでした。

なかじん

しかしどれも出汁が効いていて美味しかった。
美味しいとお酒も進みいい気分です(笑);
今年の春はあまりお腹空いていなくて食べられなくて失敗しましたが、教訓を生かして今回は完食~(笑);
お腹いっぱいになりました。

2日目は早起きしてホテルの朝食を摂って、そのまま清水寺へ!
紅葉まっただ中という感じで美しかったですよ~

P1030536.jpg

清水寺

清水寺

清水寺

そしてここからは奈良を目指します。
地下鉄の駅まで戻って、地下鉄からの近鉄奈良線直通で1時間程度で奈良に到着です。
高校の修学旅行以来の奈良はやっぱり奈良公園の鹿ですね~
鹿せんべい売り場で鹿せんべいを買ってくれる観光客を目当てに鹿が寄ってきます。
鹿せんべいを売ってるおばちゃんには見向きもせずに買ってくれる観光客だけを狙ってます。
凄いです。
一枚与えると周りの鹿がわんさかやってきます。

P1030582.jpg

次から次に鹿せんべいを買った者が襲われます。見ていて楽しかった(笑);
県庁前を抜けて、国立博物館の前を通って春日大社へ向かいました。
鳥居のところには銀杏の大木が見事に黄色く色づいてました。

P1030594.jpg

ここからも紅葉を楽しみながら歩いていると、落ち葉で見事に真っ赤に染まったお茶やさん発見!

P1030615.jpg

更に梅に鶯ではなく、もみじに鹿(笑);

P1030622.jpg

花札の絵柄ですよ~

P1030629.jpg

二月堂を経て大仏殿へ向かいました。

P1030633.jpg

やっぱり大仏さん、大きかったです(^o^)/

P1030636.jpg

そして柱くぐりには、たくさんの行列が出来てました。
高校時代の修学旅行でくぐったのかは定かではないですが、かなり小さいです。太めな大人はかなり勇気が必要です(笑);
でも果敢に白人女性が挑戦しなんとかクリアしてました~
ちょっとググってみたら、この様に書かれていました。
-----------
この柱の穴は、お子様か小柄な大人の人が通れるぐらいの大きさです。私が行った日も子ども達がくぐっていて、大人は小柄な女性がやっとの事でくぐっている姿が見られました。

これは、建設当時の日本人の体型が今に比べると小さかった事にあるそうです。昔の大人は軽くぐっていたんですね。それを知るだけでも、この穴に歴史を感じます。

そして、肝心のこの穴をくぐる意味なんですが、一番多く言われているのが、「無病息災」のご利益があるということだそうです。

やっぱりくぐるにも意味があったんですね! しかし、どうして大仏様の鼻の穴と同じ大きさの柱の穴を通るだけで、そのような厄払いができるのでしょうか?

穴の大きさの意味はわかりませんが、どうやらその理由は柱の位置にありそうです。

この柱は大仏殿の北東にあるのですが、その場所は「鬼門」にあたるそうなんです。その鬼門の柱に穴を開ける事により、邪気を逃していると言われているそうです。

柱の穴をくぐる事で、大仏殿の邪気と一緒に厄払いができる!
----------
らしいです(^o^)/
十分に楽しんだら小腹が空いて来たので興福寺裏の高速餅つきで有名な中谷堂のよもぎ餅を頂きます。

P1030646.jpg

ついているところを見たかったけど時間が合わなかったのでよもぎ餅だけ頂きましたが、これが超~美味い(^o^)/
ビヨ~ンと伸びる持ちが最高!

P1030647.jpg

もう一個食べたかったけど、この後お昼ご飯なので我慢しました(笑);
ということで、京都へギュイ~ンと戻ってちょっと遅めのランチは、丸太町のグリルデミさんです。
ハンバーグが美味しいらしい(^o^)/
かみさんは、1番人気のタンシチューハンバーグ、B級好きな私はナポリタンwithハンバーグを注文です。

IMG_9093.jpg

IMG_9094.jpg

しばらくしたらやって来ました。
タンシチューがめちゃ美味い(^o^)/
ナポリタンも美味い!
そしてハンバーグは肉汁滴りこれまた美味かった~

次にこなすのはスイーツ(笑);
丸太町のひつじです。
ここでは揚げたてのスイーツをドリンクと一緒にイートインできます。

IMG_9096.jpg

ふわっ、ふわっとした軽~いドーナツなので食後でも行けちゃいます(笑);
さぁ、お腹がいっぱいになったら楽しかった旅行も終わりに近づきます。
お土産は、いつもの村上重の千枚漬けです。

P1030648.jpg

ここのを食べたら他のでは物足りないです
昆布の量が半端無いし、その昆布も美味しく頂けます。
そしてさっき昼ごはん食べたけど、夕食の準備です。
はつだの特選和牛弁当です(^o^)/
はつだの本店は、京都 修学院の駅近くにありますが、今回、頂いたお弁当は、JR京都伊勢丹地下2階で購入出来ます。
非常に人気があるため、夕方には売り切れてしまいます。
従って、お弁当を確実に頂くには、事前に予約しておく事が必要です。
電話或いは、直接訪問して、何時に取りに行くと伝えると取り置きしてくれます。

IMG_9097.jpg

さすがに新幹線に乗ってすぐにはあまりお腹が空いてなかったので軽く頂き、帰ってから温めて頂いてみました。
冷たくても美味しく作ってあるらしいですが、温めるとやっぱりもっと美味しい(笑);

と、二日間食べっぱなしでした(笑);


ここのところ小正月の日程に併せて2月に来ていましたが、昨年は仕事が忙しくてかみさん一人で行っちゃいました。
ということで、今年は私も参加です。
2/13(木)全日空NH1185便にて羽田より一路台北松山空港へ!
この松山(ソンシャン)空港は台北の町中に有り非常に便利な空港です。福岡空港からは全て桃園空港に飛んでいるのでちょっと不便...
到着した日はGIANTショップ行ったりしましたが、どうやら木曜日はお休みらしいです。
しょうが無いので台北の町をぶらぶらしながら食べ歩き(笑);
今、台北市内にはU-BIKEというレンタサイクルが非常に充実しています。

UBIKE

UBIKE

あらかじめ登録しておいたスイカのようなカード(台湾では悠遊カードという電子マネー)さえあればいつでも借りる事が出来ます。
返すのもどこでも良く使いやすいらしく、都心では借りようと思っても自転車が無い程です。
自転車は当然GIANT製です。
日が暮れたら花博圓山へ移動して、台北ランタンフェスティバルを見学します。

DSCN1294.jpg

DSCN1296.jpg

DSCN1312.jpg

DSCN1319.jpg

DSCN1322.jpg

DSCN1324.jpg

まぁ、何てこと無い動かないちっちゃいねぶた(笑);
夜は今のところ自分たちの中ではナンバーワンの小籠包屋さんの濟南鮮湯包へ!
プレーンの小籠包とヘチマとえびの小籠包で台湾ビールが進みます(笑);

IMG_7063.jpg

IMG_7064.jpg

IMG_7061.jpg

IMG_7062.jpg


翌日金曜日は早起きして超~有名な朝食を食べに行くことに!
台北朝ごはん界で知る人ぞ知る有名店の「阜杭豆漿」です。
MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ脇のビルの2Fです。ちなみに1Fは「華山市場」になっています。
いつ行っても行列が出来ていますが、平日は土日よりも多少ましだと言う事です。
行くと多少並んではいるものの数分で順番が回ってきて朝食を頂けました。

IMG_7079.jpg

頂いたのは、暖かい甘い豆乳の甜豆漿、暖かいしょっぱい豆乳の鹹豆漿、これ大好きなんです。
そしてこれら豆漿類には油條(よく揚げパンと言われてます)を入れて頂きます。
それから厚餅夾蛋とお皿に乗っているのが大好きな蛋餅です。
蛋餅は、卵焼きがクレープみたいなそれよりもっとモチモチした皮に包まれているんです。ココのは特にモチモチ(^o^)/
一番右のおにぎり(飯糰)までは食べきれませんでした。これ餅米だし超~ボリューム有ります(笑);

台北で美味しい物を食べたら移動します。
今回のメインイベントの鹽水(塩水)蜂炮へ出掛けます。
鹽水蜂炮とは、元宵節(旧暦1月15日、小正月 今年は2/14)に鹽水(塩水)地区で蜂炮(ロケット花火)を放ち、その攻撃を受けると厄を払うことができると言い習わされているというお祭りです。
台北駅へ移動し高鉄(台湾の新幹線)で移動します。

IMG_7088.jpg

IMG_7092.jpg

車両に関しては日本の技術が投入されているので、見た目はそっくりです。
それもそのはず、N700系の新幹線で、台湾仕様で700Tという型番が付いてます。
12両編成なので、日本より4両短いです。
嘉義まで約1時間30分程度です。
ここで、スマホの使い方をご紹介します。
以前はお試し価格だったのでソフトバンクの海外パケ放題を使ってましたが、今はそれなりに使うと2,980円/日です。
と言うことで、去年から台湾で使えるポケットルーターを使用しています。
前回からお世話になってるテレコムスクエアです。
出発当日に空港のチェックインカウンター横で受け取って、帰りに返すだけです。700円/日で使用できます。

DSCN1332.jpg

台湾で使っている3種の神器!
一番右がポケットルーターです。付けっぱなしだと4時間程度しか持たないので、左のHyperJuiceというモバイルバッテリーに繋いで46時中電源は入れっぱなしです。
回線は3Gですがほぼ繋がらない地域は無く地図アプリやググる程度ならストレス無く使えます。
そうこうしているうちに嘉義に到着です。
丁度北回帰線が通ってる場所でここより北が亜熱帯、ここより南が熱帯ということで、台北より多少暖かいかと思ったけど寒い~
ここから嘉義BRTのバスで20分ほどでホテルを取っている在来線の嘉義駅へ移動します。

ホテルに荷物を置いたら早速昼食です。

IMG_7099.jpg

IMG_7098.jpg

嘉義に来たらコレを食べないといけません!
鶏肉飯です。
今回は「噴水鶏肉飯」というお店に!
鶏って書いてありますが、七面鳥の肉です。ちょっと油っぽいところが美味い!
一旦ホテルに戻って、祭りに参加出来る服に着替えてから出掛けます(笑);

DSCN1335.jpg

綿のジャケットにジーンズ、そして綿の軍手、それにタオル!
ガムテープも忘れてません(笑);
在来線で4つ南の新營と言う駅まで移動します。
駅を降りるとタクシー運転手が俺が俺がと殺到します(笑);
会場の鹽水(塩水)まではネットの情報では300NT$(1,000円程度)が相場みたいなのを見てたけど250NT$(850円程度)と言ってきたので乗りました。
何も問題無く会場まで行くことが出来ました。

DSCN1337.jpg

DSCN1338.jpg

会場は、既にたくさんの人人人...
会場はこのあたりいったいという感じです。色んな箇所で爆竹がとどろいています。
近くで鳴るとビックリするほど大きな音です。日本の爆竹の5倍ほど威力だそうです。

DSCN1342.jpg

神様を祭った神輿が町中を練り歩きます。
するとそこここで爆竹が鳴らされます。

DSCN1343.jpg

終わると大量のゴミ(笑);
このお祭り二日間で1.5トンもの花火のゴミが出るらしい!
だんだん、お祭りの気分が盛り上がってきました。
しかしお祭りに参加するにはまだ足らない物があります。
参加するにはこのスタイルが必要です。

DSCN1340.jpg

そう、ヘルメットがありません。
しかし問題ありません。
お祭りの屋台で色んなB級グルメのお店があるんですが、その横で何カ所もヘルメットが販売されています。
ネットの情報で300NT$(1,000円程度)なら安い、600NT$(2,000円程度)はぼられているとの情報だったので確認してみるとジェット形だと300NT$(1,000円程度)だけどフルフェースは450NT$(1,500円程度)でした。
何件か見て回ってもほぼどこも同じような額だったので、交渉開始!
2つで800NT$(2,700円程度)で話が付いて購入!

DSCN1356.jpg

さすがに安っぽいヘルメットでバイク乗るときには使っちゃだめな感じです(笑);
そしてこんな感じに出来上がります。
更に本番の時はマスクと耳栓も欠かせません。

DSCN1358.jpg

う~ん、過激派ですな(笑);
でも夜になると周りみんながこのスタイルなんです!
しばらく日が落ちるのを屋台の食べ歩きをしながら待ちます。

DSCN1363.jpg

熱狗(アメリカンドッグ)も種類がいくつかあります。
注文してから揚げてくれるので、揚げたてが食べられます。
このあたりは日本もまねして欲しいですね~

歩いて回っていたら発射台を見つけました。
一般的には隠されているのでなかなか見ることは出来ないのですが、ここは公開されていました。

DSCN1350.jpg

これが砲台(発射台)です。
ちなみに人形は全て爆竹で出来てます(笑);

DSCN1353.jpg

手前の四角いやつは左右に発射されます。
左奥の丸いやつは全方向に発射です。除ける場所がありません(笑);

DSCN1354.jpg

こんな感じでびっしり並んでいます。
多い物は25,000発のロケット花火を水平に打ち出せるそうです。
怖い怖い!

そして陽が落ちたら決戦の幕が開きます。
会場は過激派スタイルの面々が押しくらまんじゅう状態です。

DSCN1367.jpg

この状態の中に神輿に担がれた神様と発射台が持ち込まれて、左右に神輿が設置されその中央に発射台が設置されます。
観客は発射台と神輿の間に入ってロケット花火に撃たれる場所にジリジリと移動します。
発射台を覆っている真っ赤な紙が剥がされてそれが燃やされます。(どうやら儀式のようです)
その後、ロケット花火に点火されると、怒濤の発射が始まります(笑);

SCRN0003.jpg

至近距離でロケット花火と爆竹がとどろきます。

SCRN0002.jpg

ビビりなヒデさんは横型の打ち出される方向では無く縦に位置取りしてましたが、正面に立ってる勇敢な方々に当たったロケット花火が跳ね返ってこっちにやってくるんです~
ひえ~
当たると痛い~
上着やズボンはもっと厚手じゃないとやばいです~
3~5分の蜂砲が終わるのをひたすら耐える(笑);
全てが撃ち終わると神輿が移動します。
神様について移動すると、途中何カ所も停まって新たな発射台が現れて繰り返されます。
何度か繰り返したらメイン会場に入ってきます。
メイン会場では、大型の発射台が出てきます。

DSCN1382.jpg

ビビりなヒデさんも前には出るけどあくまでも縦位置(笑);
だってすっげぇ~怖いんだもん(笑);
始まると数分間はただひたすら耐えるだけの修行です。
やっぱり動画を見て貰うのが一番わかりやすいかなぁ...





一番大きな塀の様な発射台から発射されて、最後に盛大に花火が上がって一旦終わりな感じです。
が、この祭りはこの後も翌朝5時頃まで続くらしい...
いやいや恐ろしい祭りでした。
さて、帰ります。ヘルメットはもう使わないので処分しました。
帰る際には警官にタクシーをとお願いすると白タクを紹介して貰えるような事がネットに書かれていたので、試しにお願いしてみたけど、タクシーなんかいないと(笑);
まぁそうだよね!
でも駅までは歩くと1時間30分以上掛かります。
駅方向に向かいながらタクシーに手を上げますが、来ても既に乗車してる。
そうこうしているうちにタクシーが止まった!
やったと思ってドアを開けると中には既にお客さんが???
しかも3人乗ってるし...
ドライバーのおばちゃんがけたたましく中国語で何かしゃべってます。
中のお客さんの一人を後ろの車(どうやら仲間の白タクっぽい)に移動させて、我々2人分の座席を確保すると乗れと!
いやー凄い!我々は新營まで行きたいけど何も聞かずに走り出す(まぁ、他の所へ行く人もいないか)
料金交渉する暇も無いのでいくら取られるかちょっと不安でしたが、まぁ、1人で250NT$(850円)までなら許せるかなぁ~なんて乗っていたら、降りる際に1人100NT$(340円)って...
なんだよ、2人でも行きより安いし(笑);
良心的なおばちゃんでした。
新營駅~在来線で嘉義へ戻ったときには日付が変わろうとしていました。
今日も一日よく遊んだ~
しかし、当たると痛いのなのって...
被弾痕です(笑);

IMG_7124.jpg

いや~それでも楽しいお祭りでした。



powered by